皮膚科

診療内容

早期治癒に向けた適切な治療を、確実に進めていきます。

皮膚疾患全般を対象としており、広島市東区唯一の病院皮膚科として、広島大学病院など他の病院・診療所との連携も密に行っています。
皮膚疾患に対しては、的確な診断、適切な治療を確実に行うことを心がけております。詳細な問診や血液検査などを参考にしつつ、患者さんの生活習慣や環境を考え、生活指導を行うようにしています。点滴治療を必要とする急性感染症は、入院を原則としてすみやかな改善に努めております。
昨今、生物学的製剤の登場で重症の乾癬やアトピー性皮膚炎、慢性特発性蕁麻疹など慢性で難治な皮膚疾患も著明な改善がみられ患者さんのQOLが上がる症例が多くあります。当院では従来の治療から最新の生物学的製剤を使用する治療まで幅広く行っておりますので、お気軽にご相談ください。

診療実績

1. 皮膚科手術件数

2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
皮膚がん 2 2 5 2 4 6 9 14
その他 80 103 120 134 107 98 98 92
合 計 82 105 125 136 111 104 107 106

2. 皮膚科病理組織検査件数

2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
件 数 140 149 140 173 179 180 224 194

医師紹介

森岡 理恵子

皮膚科主任部長

森岡 理恵子

もりおか りえこ

皮膚科一般

2006年卒

アトピー性皮膚炎や蕁麻疹など皮膚アレルギーを専門としています。詳細な問診、検査を組み合わせることで的確な診断、治療を心がけております。「なるべく早く、きれいに治す」ことをモットーに地域のクリニックの先生方や大学病院と連携し、診療を行ってまいります。

住元 遥香

医師

住元 遥香

すみもと はるか

皮膚科一般

2018年卒

軽い湿疹や重症感染症、じん麻疹など何でも気軽にご相談いただけるような医師を目指しています。